先物取引は複数の銘柄と取引する!将来的なリスクを軽減させる

確認できるもの

女の人

海外FXを開始する予定なら、まず必要な資金を格納しておくための口座を用意しておく必要があります。海外という二文字が付く以上は、日本の口座では利用できません。海外FXなので、海外でだけ利用できる口座を早急に用意しなければ、取引は開始できません。どのような口座を開設すればいいのかは、口コミサイトで簡単に比較して選ぶことができるでしょう。レバレッジの倍率や口座開設の特典に至るまで、細かく比較してから適切だと判断したものを選べばよいのです。また、海外向けのものとはいえ、日本語対応もしているところも増えてきています。どちらかというと、海外FX口座開設では、何が必要になってくるのかを調べておく必要があるでしょう。一応海外のものを利用するので、日本式のものとは異なったものが必要になってくるのかと思ってしまう人もいます。こちらでは、海外FXでどんな必要書類があるのかを説明していきます。

必要書類としては、大きく分けて2種類存在します。どのようなものかというと、本人確認書類と住所証明書類です。海外だからといって、何か特別な書類が必要になってくるわけではありません。パスポートや運転免許証みたいに、住所や自身を確認できるものなら、何でもOKです。ちなみに、住所証明の場合は、電気ガス水道代の請求書やクレジットカードの利用明細なら、自身の住所が明記されているので、問題なく利用できます。必要書類の提出方法としては、契約したいFX会社の窓口で遂行できます。時間がない場合には、Webから口座開設のボタンを押下すれば必要事項を入力する欄や必要書類の画像をアップロードできるページが表示されます。